その日暮らしの記
ぼやき日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝てばかり

 おかげさまで三連休だったわけですが、中日の昼間ぐらいから偏頭痛と吐き気に悩まされ、風邪と当たりをつけて薬飲んで十数時間ずっと寝ておりました。まあなんとか復調しましたので、急な気温の変化と職場の異動に伴う疲労が原因だったんだということにしませう。
 マーガレット・ミラー「狙った獣」読了。父親が死に巨額の遺産を手に入れたヘレン。だが彼女はその金の使い道を、毎日安っぽいホテルの一室に閉じこもることで、無駄に費やそうと考えていた。ある日そんなヘレンの元に、とある女性から電話がかかってくる。彼女の名前はエヴリン。かつての親友であり、明るく誰にでも好かれ、内気なヘレンとは正反対の女性だった。いや、そのはずだった。いまやその電話口から聞こえる声は冷たく巨大な悪意をむき出しにしたもので、ヘレンの更なる不幸を呼び寄せるかのようであった。追い詰められた彼女は、かつて父親の相談役であったポールに相談を持ちかけるのだが……というストーリー。「ヒチコック・サスペンス」にて「鏡の中の他人」として放送されたもの(「新ヒッチコック劇場」でもリメイクあり)で、ネタとしても今となっては古びてしまっているが、誰からも愛されず、誰からも慕われなかった哀れな女性の末路を、ただ彼女だけの悲劇として描かず、登場人物たち誰もが抱いている「孤独」の影の象徴(もしくは権化)として、誰しもがその運命に陥るかもしれないことへの恐怖と悲しさとをあわせて描いている点がなんとも印象的だ。誰が犯人でもおかしくなく、ある意味読んでいる読者もまたそうであるかもしれないのである。ドラマのイメージで単なるサイコものと考えていた自分としては、うれしい裏切りであった。ぜひともオススメの一作。
スポンサーサイト

原子怪獣現わる

 また「パパイラスの舟」から小ネタを。スレッサーがJ・フォルブと共作し、ジェフ・ヘラー名義で発表した「十五年目の脅迫状 (原題 "Victim, Dear Victim")」になんと決定的な誤訳があるとのこと。マジですか。で、次章にその詳細が。……うおおおお、これはすごい。なんとも決定的な証拠がここに。「殺人交叉点」と「殺人交差点」の一件を思い出すなあ。
 TANIZOKOの次回特集用に「原子怪獣現わる」をDVDで鑑賞。北極での水爆実験で太古の恐竜が目を覚ます。その地でその怪獣に襲われた科学者の主人公は、地元ニューヨークへ帰国してからも、怪獣の存在を強く訴えるが誰もそれを信じようとはしない。ところが船舶事故や灯台の破壊などが相次いだことと、相談に向かった古代生物学教授の元で働く美人助手に信用してもらえたことが契機となって、軍も重い腰を上げて本格的な調査を開始する。しかし時すでに遅く、件の怪獣は調査団の潜水艇を襲撃したばかりか、ついにはニューヨークに上陸をはたすのだった……というストーリー。冒頭から出し惜しみなくリドザウルスの全形をバンバン見せてくれるし、いまさらながらハリーハウゼンの迫力あるダイナメーションも圧巻。またビルの影やサーチライトなどの、光の強弱や明暗のタイミングが非常に効果的で、リドザウルスの凶暴さや恐ろしさ、はたまた神秘性を見事に高めている。日常の中に非日常(怪獣)が入り込んできたときの描写のリアルさ(はじめはわずか数人が逃げはじめていたものが、徐々に大きな騒ぎとなり、怪獣の姿を見るにいたって町中が大パニックへと展開していく段階的描写の見事さ)にも、思わず息を呑んでしまう。「怪獣映画」としても「映画」としても一級品だと改めて痛感した次第。

重箱の隅

 「新パパイラスの舟と21の短編」の第6章で紹介されているチャールズ・アインスタイン「盗聴」(原題 "Sorry, Right Number")は、なぜか言及リストからもれていますが、「失礼、番号ちがい-ではありません」というタイトルで講談社文庫「世界ショートショート傑作選1」にも収録されています。たまたま今通勤時間にこの文庫を読んでいるので、気がついた次第。……黙っていられないマニアっていやですねえ。

新パパイラスの舟と21の短編

 とんでもない本だ。
 「ミステリマガジン」で連載されていた架空のテーマ別アンソロジー編纂エッセイに、その各テーマにそった作品を掲載する。なかなか面白い企画だなと思ったし(えらそーに)、スレッサーの単行本未収録作品が掲載されることも知っていたので、その部分だけ確認して後は図書館で借り出そうかなとか安易に考えていたのだが。
 いやはやとんでもない本でした。
 まず、最初のミステリエッセイが30年以上の時を越えて、魅力満載なのである。少しばかり固苦しく、少しばかり自虐的ではあるけれど、何より楽しそうに各テーマや収録作の見所を伝え、ちょっぴり誇らしげなのも微笑ましい。こちらの好奇心や自尊心も大いにくすぐられてしまう。各テーマの選定作見ごたえのあるものがそろっていて、さらに事細かに配された注釈と邦訳リストの重量が圧巻。最近じゃあ初出も原題も、はしょったり出鱈目なのも多い中で、この親切過剰ぶりには頭が下がる(当然人名索引もあり)。そして併録された作品も短編好きにはたまらない、一癖も二癖もあるものばかり。やられました。
 あとスレッサーといえば、いきなり冒頭(詳細は第二章にて)でスレッサーの未訳短編が紹介されていて、これがまたなんで未訳なんだ、というぐらい面白そうな作品なのですね。本屋でここの部分を読んでしまって、もう我慢ができなくなってしまいました(笑)。少々お値段も張りますが、十分元は取れてお釣りがくると思います。
 何度もいいますが、ほんとにほんとにとんでもない本です。
 ぜひとも多くの人に読んでもらいたい、超オススメな一冊でございます。



〈新パパイラスの舟〉と21の短篇〈新パパイラスの舟〉と21の短篇
(2008/11)
小鷹 信光

商品詳細を見る

ちょっとした

 コメントを書こうと思っていたら、あっという間に1・2時間たってしまう不思議。ブロガーの人とかよくあんな長いのを短時間でかけるよな。
 DVDでWWEのPPV「ナイト・オブ・チャンピオンズ」を鑑賞。全試合がタイトルマッチという、なんとも安易な企画の大会。この時期はビンスの事故やドラフトなど、定期放送の方が見所が多かったのだが、そこら辺を特典でも入れてほしかったところ。内容の方は、ECWタイトルのありそうでなかった大型選手同士のトリプルスレッドもよかったのだが、いろんな意味で考えさせられたのはメイン。確かにこの段階で最高のカードだし、シナもHHHも頑張っていたのだが、突き抜けるところまでいかなかったのが残念。過去のタイトル戴冠の歴史のダイジェストを見てしまったのでなおさらそう感じてしまう。この後さらに迷走が続いていくわけであるが……。今のアメリカで、思い切った大改革やそれを継続させるだけの気力を求めるのは困難なのでしょうか

人類SOS

 ちと外へ出ただけで、めちゃくちゃ汗をかくわ、目当ての店はつぶれているわ、雨は降ってくるわ、小銭は足らないわで、そらもう大騒ぎさ。
 DVDで「人類SOS」を観る。ジョン・ウィンダムのSF小説の代表作「トリフィドの日(トリフィド時代)の映画化作品。舞台はイギリスのロンドン。かつてないほどの大量の流星群が飛来し、夜空は航空ショーのごとくきらびやかな極彩色に彩られていた。ところがその翌日、世界はパニックに陥ってしまう。なんとその流星群を見たすべての人たちの視神経が破壊され、街には盲目になった人々であふれかえってしまうのである。さらにその流星から飛来したと思わしき「トリフィド」という宇宙植物が巨大化し、人々を襲いはじめたのである。はたして人類はトリフィドの襲来を退け、再び平和な生活を取り戻すことができるのか……というストーリー。この映画版はSFファンからもあまり評判のよろしくない代物で、安手のパニック怪物映画と思いきや、意外とまじめな作りで驚く。確かにトリフィドの造型は時代的能力の低さをさっぴいてもひどいものではあるし、とってつけたようなトリフィドの習性や弱点もやや弱い。しかし冒頭、流星群の光の一瞬一瞬ごとに巨大化していくトリフィドの姿は、怪奇映画の定番の盛り上げかただし、駅に突っ込んできた電車の中からうごめき出でる人々の姿や旅客機内でパニック描写も圧巻。さらに逃亡を続けるうちに擬似家族を構成されていったり、アル中でどうしようもなかった夫が、トリフィドの調査を続けるうちにたちなおり、夫婦間の愛情と尊敬を取り戻していく描写など、人間ドラマとしても奥深い。一概に「B級」として片付けてしまうには惜しい作品と思う。1981年にはイギリスBBCでTVドラマシリーズも製作され、こちらもDVDが出ている様子。予告を見る限りでは、やっぱりトリフィドの造型はよろしくないようだが、BBCだしかなり原作にそった作りをしているようなので、こちらも期待。

TANIZOKOより疾走る

 というわけで今日は久々のTANIZOKO上映会。今回はマシンもの特集ということで、「マッハGOGOGO」から「狂い咲きサンダーロード」まで、相変わらず濃いラインナップ。自分は「デス・プルーフ」の「ゾーイ・ベル編」をもって参加。他のラインナップに比べ、ほぼ唯一の最近の映画の選定だったため、結構浮いてしまうかなと思っていたのだが、なかなか受けもよく、今回の中では一番にこれを選んでくれた方もいて、ほっとする。自分としては「マッハGOGOGO」がきっちり王道的構成を組んで、かつ意外性やレギュラーメンバーの巧みな使い方を見せてくれて、大いに楽しめた。昔の作品はアニメとはいえ侮れませんなあ。
 上映会後の飲み会で、新規の参加者をどうやって集めるかということで、ちと盛り上がる。やっぱりハードルが高すぎるんじゃないか、という話がでる。私も結構新参だが、確かに高いですよハードル(笑)。自分の中でデフォルトだったり基本だと思っていたことが、他人にはそうではなかったり思い違いしていたというのはよくある話しだし、自分としては「デス・プルーフ」を見てラス・メイヤー映画思い浮かべるというのはふつーだと思っていたし、「狂い咲きサンダーロード」はふつーの映画ファンなら見ていて当然と思っていたのだが、意外とそうでもないというのが驚きだったんですけれど。ここのメンバーでそうなのだから、一般的ファンやオタクはむべなるかな、といった感じなのではあるのだが。そんななか、次回テーマは「怪獣」に決まり、おのおのの怪獣観や怪獣像に沿って作品を制定する様子。どれだけ一般的なそれと接点を持つか、もしくはどれだけ自分のそれに近づけることができるか。難しいが楽しみなテーマだと思うのだが……、うーむ、どうしましょう。

見えないものの影

 とはいえ、小松左京の同名長編とは何の関係もなく。
 まあ、仕事も始まりいきなり作業に借り出されたと思ったら翌日は暇で暇で待ちぼうけを食らわされたり、表面上は平和に見えていても、皆いろいろと不満を持っていたり裏ではこれまたいろいろと人間関係やらがどろどろしていたり。久々なんでちと疲れちゃいましたがな。画面の見すぎで目も痛くなったしな。
 DVDで「ノーカントリー」を鑑賞。今年のアカデミー賞で4部門を受賞した話題作。劇場で見たかったのだが、どうもタイミングが悪く結局レンタルとなりました。麻薬取引のもつれによる殺し合いのあった現場を偶然訪れたモスという名の中年男。彼はその取引に使われるはずだった大金の入ったスーツケースを見つけて、それを持ち出してしまう。しかし家に戻ってから、唯一まだ息のあったメキシコ人を放置してしまったことに良心の痛みを感じ、夜遅くに現場に戻ってきてしまう。そのことが取引にかかわっていた組織に知られることとなってしまい、彼はシュガーとなのる殺し屋に命を狙われることになるのだが……というストーリー。
 物語は「ファーゴ」のような壮大かつ残酷な法螺話に近いのだが、「ファーゴ」の時のような救いや未来への希望のようなものは、この作品にはほとんど見られない。冒頭からボコボコ人が殺されていき、ドバドバ血も流れ、目を覆いたくなる場面も数多い。もはやその展開は一歩間違えばギャグにしか見えないのだが、ジョシュ・ブローリン、ハヴィエル・バルデム(最高!)、トミー・リー・ジョーンズといった味わい深い渋い役者たちが演じる登場人物たちの一挙手一投足がじっくりかつ重厚に積み重ねていくことによって、なんともいえない説得力にとらわれてしまい、画面から目を離すことができなくなっていることに気づく。ありえない話のようでいて、実は見ているこちらの世界でも十分ありうる物語のように思えてくるのである。そしてそこには次に何が起こるかわからない、「見えない」恐怖も待ち構えていて……。なんともすごいなこりは。
 見終わった後はいろんな意味で、どっと疲れた作品でした。あと、やっぱり劇場で見ておきたかったです。マル。

学祭へ

 mixiのヒッチコックコミュで紹介されていた、シアターゼロフィルム上映会を見に、法政大学の学祭へ出向く。「法政の学生団体であるシアターゼロが所有していた国内レベルで貴重なフィルムたちを上映する」という企画で、上映作品はヒッチコックの「下宿人」と「恐喝(ゆすり)」。どちらもビデオではすでに見ているが、ヒッチコック初期のサスペンスの佳作でもあるし、16ミリとはいえ大きなスクリーンで見られる機会はないしと思って出かけた次第。しかし最初の「下宿人」の時でさえ客は6~7人程度であり、昼休憩を挟んで上映された「恐喝(ゆすり)」の時は、なんと客が私一人! うーむ、宣伝というかもっと広く魅力や貴重さをアッピールしたほうがよかったのかも。というか最近の学生は、ヒッチコックなんて見ないのか? うーむ。
 ちなみに合い間に他の自主上映や演劇公演も見ることがあったのだが、そこには若さゆえの稚拙さはあっても、大胆さやエネルギッシュなところは垣間見れなかったのは残念。自分自身が彼らの年代のころに通り過ぎてしまったことや、追いかけて追いかけてやまなかったことなどに対し、未だ当然のごとく、かつそれに対して恥じ入ることなく、低レベルでうごめいていることで満足しきっているさまを見ていると、人事とはいえ、気がめいるのことよ。小手先だけで済ませるんなら、最初にそう言っておくれ。もしくは身内だけですませておくれ。やれやれ。
 かわいい学生さんが焼いてくれたフランクフルトをかじりつつ、あれこれいろいろ考えながら、ぷらっと「深夜プラス1」や「飯田橋ギンレイホール(年会費1万ちょっとで映画見放題ってすごすぎ)」などを冷やかして帰宅。

プロフィール

geshicchi

Author:geshicchi
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。