その日暮らしの記
ぼやき日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俄-浪華遊侠伝-

 時代劇専門チャンネルで放送されたものをやっと観終わる。幕末から明治・大正の時代を生き抜いた大阪の伝説的侠客・明石屋万吉を描いた司馬遼太郎の原作を、山田太一脚本・林隆三主演で描いた作品。木下恵介アワー枠で放送され、プロデューサーをウルトラマンシリーズの飯島敏宏(演出も)が勤めている。林隆三はこれが初主演作らしい(この翌年にNHKで「天下御免」に出演)。
 原作は未読なのでどこまで原作に沿っているかはわからないが、一人の人間味あふれる人物の破天荒な半生をたどりながら、一方で庶民・町民の目から見た幕末史ともなっている点が面白い(これが後の「獅子の時代」へとつながるのかも)。関西を舞台にしているせいか、主人公・万吉をはじめとして、皆、弁の立つ個性派ぞろいで、個人的には万吉の子分・軽口屋(その名のとおりひたすら口の回る男)役の樋浦勉(いうまでも無く吹替え声優として知られる氏の絶品の口立て)と、のちに万吉を始末せざるを得ない羽目になる一柳藩家老・建部小藤治役の花沢徳衛(その万吉暗殺のための旅籠でのエピソードが、小役人振りを大爆発させて抱腹絶倒!)が良かった。血なまぐさい物騒なエピソードも多いのだが、どこか冷めているというか、いわば自分が自分の人生という舞台にたって演じているのを客席から見ているというか(まさしく俄芝居という言葉がぴったり来る)、常に笑いを持ってひょうひょうと展開していくドラマに目が離せず、13回で終わってしまうには本当に惜しいシリーズだった。テーマソングもCD化していないかな。
スポンサーサイト

世にも不思議な物語

 コズミック出版というところから、突如発売された廉価版DVD。8月に各2話収録で2巻、この11月にはさらに4巻発売予定なのだから驚き。自分も名前だけ知っていて、まったく未知の作品であったが、期待と不安を兼ね備えつつ購入。
 このシリーズの詳細についてはこちらを参照いただきたいが、要はオカルト系の不思議な物語のドラマシリーズというべきか。昔の学研のジュニアチャンピオンコースを思い出す。本国では第3シーズンまで続き、さらに1978年には新シリーズが放送されたというのだから、かなり人気のあるシリーズだったのだろう。まあ現代でも「都市伝説」の類の話は書籍やネットでもまだまだ尊ばれているのだから、そういう視聴者層を狙っての発売なのかもしれない。
 まず取り急ぎ鑑賞した第1巻では「超常現象」と題して、アメリカの田舎町に毎日午後3時に空から石が降るという現象と、水から石油を作る謎の科学者の失踪事件をあつかった話、次に「降霊現象」として孤独な女性が空想上の恋人と謎の失踪を遂げる話が収録されている。前者はあまり関連性の薄い話を無理やりまとめた感じ。後者はよくある話と思わせてラストでちょっとしたツイストを入れているのが良かった。まあこういう話はオチとかあってないようなものばかりなのであるのだが(逆にオチがないから怖い話になるのわけで)。なかなか楽しめたので続きも大いに期待させられますです。


世にも不思議な物語 1 2[DVD]世にも不思議な物語 1 2[DVD]
(2010/08)
不明

商品詳細を見る

続編映画ベストテン

 毎日楽しく拝見させてもらっている「男の魂に火をつけろ!」さんが行っている「ベストテン」企画、今年は「続編ベストテン(http://d.hatena.ne.jp/washburn1975/20101101)」と言うことで、久々に参加したいと思います。

1.続・荒野の用心棒
(用心棒シリーズ。正編とは何の関係もないが、出来栄えはこちらの方が断然上)
2.バットマン・リターンズ
(バットマンシリーズ。まだ「コチラ」側だった頃のバートンの悪意爆発)
3.ガメラ対バルゴン
(ガメラシリーズ。シネスコ画面に映えるバルゴンの雄姿)
4.悪魔の手毬唄
(金田一耕助シリーズ。インパクトでは前作だが、ミステリとしてはこちらが格段上)
5.独立愚連隊・西へ
(愚連隊シリーズ。快活スポーツ戦争アクション映画の金字塔。後の「作戦」シリーズもDVD化希望)
6.続・座頭市物語
(座頭市シリーズ。兄弟対決+ハンディキャップ対決+居合い抜き対決+芸達者対決。若山富三郎は脇役の方が光ると思う)
7.ニッポン無責任野郎
(無責任シリーズ。前作は手探り状態だったワルノリや狂気を一気に爆発させた上にフォーマット化した快作)
8.必殺仕掛人・梅安蟻地獄
(仕掛人シリーズ。TV版のトリオがついに集結し、TV版のノリを映画にそのまま持ち込んだ作品)
9.サイコ2
(サイコシリーズ。映画マニアが真面目に作った、名作の続編の手本となる作品。しかしR・ブロックの原作はもっとぶっ飛んだ怪作です)
10.吸血鬼ドラキュラの花嫁
(ハマードラキュラシリーズ。怪奇映画・モンスター映画の正しい続編の形)

 邦画6に洋画4か。シリーズものは意外と抜けがあるんだよなあ。あんまり面白みもない結果だけど、今の自分ではこんな感じ。

プロフィール

geshicchi

Author:geshicchi
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。