その日暮らしの記
ぼやき日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウルトラQ

 Wowowが三チャンネルになったキャンペーンで「二か月間無料サービス」というのをやっていたのでためしに入会(まあ目当ては町山智浩氏の「トラウマ映画館」だったのだが)そうしたら、早朝に「ウルトラQ HDリマスター版」の再放送をやっていたので、全部録画してつい最近まとめて見直してみる。
 「見直してみる」と書いたが、自薦他薦で「オタク」認定されているような顔をしながら、実は「ウルトラQ」を「全話」見たのは今回が初めて(ウルトラシリーズで全話見ているのは「マン」となぜか「タロウ」。「セブン」だって何話か抜けがある)。しかも見ていないのは「変身」とか「悪魔ッ子」といった「アンバランスゾーン」時代の物ばかり(笑)。地元は特撮番組の再放送は多い地域だったが、さすがにモノクロの物はやってくれなかったし、のちのビデオブーム、泉麻人の「ウルトラ倶楽部」なんかでも、なぜかそこだけ見逃してしまっていたのだ。
 で、ずっと見てみて思ったのは、まず物語の進み具合が、非常に緩やかであったこと。昨今のクリフハンガー展開に慣れ過ぎてしまっているからかもしれないが、Bパート近くになるまで怪獣が出現しない話もあるし、怪獣が出ても(悪く言えば)ただ傍観しているだけが続くといった話もあった。
 しかしだからといって退屈したかと言えばそうではなく、みな一様ではない展開や結末のつけ方、深い人間ドラマに支えられて、非常に楽しく見ることができた(緩やかなペースは怪獣の見せ場を十二分に取ったのだといえるし)。無邪気な子供たちの姿や牧歌的な風景(田んぼや森がデフォルトでうつりこむ)を見るにつけ、自身の(SF・怪獣ドラマの)原体験を呼び戻された気分にもなったし。いまさらながら、その質の高さ、出来のよさを痛感させられたのことです。
 一話だけ「総天然色版」を見たが(「宇宙からのおくりもの」)これもまた良かった。特撮や合成の違和感が払拭されている。過去の名作の修復がデフォで行われるようになって久しく、なかには逆に(特にカラー版は)魅力が薄れてしまったものもあるが、本作に関してはそんなことはないように思えた。これからもより頻繁に、より容易に、こういった作品を(初見、再見含め)見る機会を設けてほしいものだとも思いましたのことよ。
スポンサーサイト

プロフィール

geshicchi

Author:geshicchi
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。