その日暮らしの記
ぼやき日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近くで

 祭りがあるようで。夏ですな。
 フレッド・カサック「殺人交叉点」を読む。「最期の一撃」の衝撃が名高いミステリ小説。とはいえ実は再読で、しかも初読はあの「殺人交『差』点」の方であるのだ。ほとんど展開を忘れていたのだが、最初の小さなツイストというかジャブのあたりで皆思い出してしまった。おろろん。とはいえ、件のトリックを抜きにしても、普通の人のちっぽけな悪意から引き起こされた罪が、めぐりめぐって我が身の破滅へと導いていく因果応報の物語としての面白さや、ところどころ垣間見える、ちと過剰気味の皮肉なブラックユーモアあふるる展開など、こちらの野次馬的な感性を刺激して最期まで飽きさせることはない。さらにそれを突き進めて、ほとんどギャグに近くなってしまった同時収録作の「連鎖反応」も悪くない。いろんな意味で「ミステリ」の楽しさ・奥深さを感じさせる一冊だと思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

geshicchi

Author:geshicchi
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。