その日暮らしの記
ぼやき日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疾きこと風の如く

 洗濯して買出しに行って掃除してちとうつらうつらしたらもう夜って……早すぎ。
 「ハッスル・マニア2007」を鑑賞。あちこちで評判がよかった大会だけに、期待半分不安半分といった心持もちで観る。まあラストのベタベタな展開には観てるこっちがこっ恥ずかしくなってしまったが、悪くはなかった。欲を言えばちゃんと「プロレス」で決着をつけた上で、エンディングになだれ込んでいたら、とは思ったが。結局「プロレス」らしさを見せてくれたは、海川ひとみだけというのもなんともかんとも。「ネタ」としては面白く見えても、「プロレス」としては大きな後退であると痛感。じゃあ、「前進」している団体がどこかにあるのか、と言われれば答えられないんですが。
 で、アメリカのエンターテインメントプロレスはどうか、というわけではないのだがWWEのPPV「サマースラム2007」を観る。派手な演出、ソープオペラ的ストーリライン、時事ネタや虚構と現実を織り交ぜるあたりも、「ハッスル」が真似したとおりではあるのだが、唯一違っているのはやっぱり発端はどうあれ、〆るところはレスラーによるリアルな「プロレス」ってところなんでしょうな。結局、スポーツにしてもエンターテインメントにしても、客は「リアル」な部分に反応していると思うわけで。その「リアル」を「演出」でどう引き出すか、「演者」がどこまで魅せてくれるかにかかってくるのではないかと。そこで紆余曲折を経て、やっとこ若い二人(シナ&オートン)にトリを任せたわけなのだが、相変わらずシナの中途半端ぶりが目立ったけれども、オートンがここ何大会か続けて魅せていた「非情さ」ぶりが、うまく相手を立てることにつながって、見ごたえのあるメインになったと思う。まあこの後の展開を知ってしまっているのでちと萎えてしまうが、リアルタイムで観ていたらめちゃめちゃ満足していただろうと思うのであります。日本公演も期待してしまうな。
スポンサーサイト

コメント

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/mipurofi/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。
【2007/12/03 17:48】 URL | みんな の プロフィール #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

geshicchi

Author:geshicchi
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。