その日暮らしの記
ぼやき日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あああ

 観てしまった。ついに。何を? 「江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間」をだ。あああ。カルトとして名高い作品だが、何故か名画座等では見逃してしまっていた作品だった。期待半分不安半分で鑑賞したのだが、なんとも「凄い」作品だった。聖人と狂人、本物と偽者、愛情と憎しみ、論理と感情、健常者と不具者。くるくる変わる立場と状況に、全編を通して観ているこちらの価値観を常に揺さぶり続ける。そして誰もが歪な形で破滅へとまっしぐらに進んでいく。何が正しくて何が間違っているのか。まさしく「うつし世はゆめ よるの夢こそまこと」。この言葉が一番具現化された映画ではないだろうか。
 いやあ、これが自宅で合法的に見られるなんていい時代になったものですな。


HORRORS OF MALFORMED MEN : 江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間HORRORS OF MALFORMED MEN : 江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間
(2007/08/28)
吉田輝雄、大木実 他

商品詳細を見る
 続きはいつものように予告編。いちおうYou Tubeでも全編見られるみたいですが。


スポンサーサイト

コメント

他所でも書いたけど、絶海の孤島を暗黒舞踏の会場に見立てる構造が、乱歩の舞台っぽさに対するあの時代ならではのアプローチだと思う(その逆が増村保蔵の『盲獣』)

でも石井輝男なら、『怪談昇り竜』の方が好きなんだよね~。
【2008/03/31 10:43】 URL | ロヒキア #-[ 編集]
そーいえば、「あすなろの会」にも出入りしていた暗黒舞踏のカレはどうしているのかな。
【2008/03/31 22:56】 URL | げし #ItxbjV56[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

geshicchi

Author:geshicchi
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。