その日暮らしの記
ぼやき日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして健忘症

 前日までやらねばならぬと何度も復唱してきたことが、当日になると決まって忘却されてしまうということは、やはりどこかで見えない力が働いているのだろうか、それとも単なる呆けであろうか。

 田中ロミオ「人類は衰退しました」を読む。近くて遠い未来。人類は緩やかに破滅への道を歩んでいた。それにともない、地球には新人類たる「妖精」たちがあちこちで生息を始めていた。平均身長10センチで3頭身。高い知能を有しながらどこか子供っぽく、のんきで平和好きで人畜無害。学校で学業を学んだ最後の世代として、彼らと旧人類との間を取り持つ「調停官」となった主人公は、自分の故郷で「妖精」たちとコンタクトを試みるのだが……というストーリー。とはいえ、大きな事件が起こるわけでもなく、悪人が登場するわけでもない。独特のテンポや言葉遊びでつづられる物語が楽しい。またどこか自意識過剰でのんびり屋でありながら頑固者、それでいて好奇心も人一倍という主人公と「妖精」たちとのほほえましいやり取りも魅力のひとつ。さすがにご都合主義だったり強引にごまかしている部分がないわけではないが、まさしく現代の「フェアリーテール」と呼んでも過言ではないのでは? さて、このシリーズが今後どういう展開を見せてくれるのか、非常に続きが気になりますです。


人類は衰退しました (ガガガ文庫 た 1-1)人類は衰退しました (ガガガ文庫 た 1-1)
(2007/05/24)
田中 ロミオ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

geshicchi

Author:geshicchi
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。