その日暮らしの記
ぼやき日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼぉー

 っとしていたこの週末。いやもちろん課題もまだまだ残っているし、引越しの手配やら部屋の掃除やらやることはいっぱいあるし、それらはきちんと片付けた上でのお話。でもやはり移動後はしばらくインターバルが空くことが、自分のやる気をそいでいるのかなといった感じ。もう来週の今頃は新天地なんですけどね。

…てなわけで、たまったDVDなんかをだらだら見たりしていました。続きはその感想でふ。
 刑事コロンボ「死者の身代金」。ご存知「刑事コロンボ」シリーズの2作目で、第二のパイロットとなった作品。前作ではいささか違和感があったが、本作では冒頭からコロンボ節が炸裂していて楽しめた。義理の娘のキャラクターがいささか鼻につくのだが、実はそれが複線となって犯人の性格や人間性が浮き彫りになり、その結果墓穴を掘ってしまう展開がすばらしい。ラストもユーモアあふれるスケッチで閉めていた。
 続いて「砂の器」。こちらは最近のTV版ではなく映画のほう。丹波哲郎追悼企画でもあります。日本全国を地道に歩いて捜査を進め、喜怒哀楽をはっきりと表す刑事役がめちゃくちゃはまっている。いまさらながら奥の深い役者だったんだなと実感。それに比べて犯人役の加藤剛の方がいささかキャラが弱い感じがして、もったいない気がした。まあ島田陽子の大大メロドラマ演技に比べればはるかにマシなのだが(笑)。作品自体は大きな風呂敷を広げて壮大な物語に仕立て上げようとしているが、逆にそうすることで作り手側の技量の狭さやそこの浅さが垣間見えてしまったように思える。TV版はどうなのでしょうね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

geshicchi

Author:geshicchi
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。