その日暮らしの記
ぼやき日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時をかける少女

 をTVで見る。初見。アニメ版にはあまり関心はなかったのだが、先日のTANIZOKO上映会でも検証の題材としてあがっていたし、いい機会だったので。
 筒井康隆の原作、少年ドラマシリーズ(のシナリオ)、大林宣彦監督・原田知世主演の映画では、「タイムリープ」そのものに対する疑問や目的、さらにその原因の追究に大きく時間を割き、そしてその謎の解明がラストに用意されていた。しかし本作ではこのあたりについては深くは描かれず、大人でもなければ子供でもない、悪人でもなければ善人でもない、一人の少女の主観や行動を、ひたすら追いかけたものとなっている(たしか月曜ドラマランドで放送した南野陽子版の「時かけ」が同じようなつくりだったと思う)。これまでのほとんどの「時かけ」が「文科系」なら、こちらは「体育会系」と呼びたくなるほど、常に能動的な主人公の躍動感や疾走感が心地いい。青春ドラマとしての出来もいいので、口コミで人気が広がっていったというのもむべなるかな。劇場で観ておけばよかったかも。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

Author:geshicchi
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。