その日暮らしの記
ぼやき日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一病息災

 泡坂妻夫死去。乱歩や横溝など「前時代」の古典というイメージが強かったミステリで、初めて「同時代」の娯楽として楽しませてくれた作家だった。入れ子構造のミステリというのも初めてであった(のちのち新本格の作品でいやというほど読むことになるのだが)。ベストとしては長編としては「11枚のとらんぷ」、短編は「亜愛一郎シリーズ」か(今回のタイトルもシリーズの一編から)。もちろん直木賞をとった「蔭桔梗」、このミス一位となった「曾我佳城シリーズ」もまたすばらしかった。どこぞの番組ではないけれど、「巧」の言葉が一番よく似合う作家だったと思う。合掌。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

Author:geshicchi
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。