その日暮らしの記
ぼやき日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イハーブの生活

 ちらっと寄った古本屋で全巻そろっているのを発見し、思わず購入。「かげふみさん」の小路啓之が「アフタヌーン」で初めて連載した作品。レズビアンの夫婦が精子バンクから購入した種を使って生んだ子供イハーブ。女の子がほしかった彼女らの希望とは裏腹に、イハーブは男の子として生まれてきてしまい、そのことも含めて自分がいらない子・望まれない子だという意識が強くなった彼は、感情を表に表さないが突拍子もない行動ばかりする問題児に育ってしまった。やがてイハーブは自分の父親が世間を騒がしている強盗犯、通称「ムッシュ」であることを知る。さらに偶然、病院でその「ムッシュ」がレイプしたという過去を持つローズという名の女強盗と知り合ったイハーブは、彼女とともに行方不明の父親を探すために、大きな犯罪事件に深くかかわることとなるのだが……というストーリー。すでにこのころから無国籍風でかつごちゃごちゃと描き込まれた舞台背景、本気か冗談か区別のつかない言葉遊びを多用したやりとり、一癖も二癖も三癖もある登場人物たち(+犬や猫)はほぼ完成された形で見られている。そして、今回読んでみて改めて思ったのは、作者が常に描いているテーマというのは、普遍的で根源的で単純な「愛」の形なのだな、ということ。それまで強固でゆるぎないものと思われていたものが、実はいびつで曖昧なものでしかなく、あまりにも普遍的で身近にありすぎたために気がつかなかったものが、主人公を見守りながら助け、そして強くしていたのだと気づかされる本作のラストはとてもすばらしい。なにげに伏線がほとんど回収されるあたりも見事(タイトルとか)。文庫版だと読みづらそうなので、ここはワイド版で復刊を希望します。



イハーブの生活 Vol.1 (1) (アフタヌーンKC)イハーブの生活 Vol.1 (1) (アフタヌーンKC)
(2000/12)
小路 啓之

商品詳細を見る
イハーブの生活 Vol.2 (2) (アフタヌーンKC)イハーブの生活 Vol.2 (2) (アフタヌーンKC)
(2001/11)
小路 啓之

商品詳細を見る
イハーブの生活 Vol.3 (3) (アフタヌーンKC)イハーブの生活 Vol.3 (3) (アフタヌーンKC)
(2002/04/23)
小路 啓之

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

geshicchi

Author:geshicchi
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。