その日暮らしの記
ぼやき日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

振替休日その2

 今日は先週の休日出勤の振替。さらにはまた今週も出ることになっているので、また来週も振替ねばならないのことよ。ランダムな出勤とランダムな休みとがデフォルトになりそうな悪寒。
 「最後の海底巨獣」(原題 "DINOSAURUS!")をDVDで鑑賞。カリブ海に浮かぶ小さな島。そこで港開発のために働いている土木技師のバートは、何かと工事の邪魔をする島の実力者ハッカーの振る舞いに頭を悩ませていた。そんなある日、海底の爆破作業を進めていたところ、なんと冷凍保存された二体の巨大な恐竜を発見する。島には電話の設備がなく、本土へ警察や博物館等に調査の依頼を出しても、その返答ですら翌日以降になってしまう。バーとの不安は的中し、島に嵐が訪れ、その時の落雷のショックで恐竜たちが目を覚ます! しかし冷凍保存されていたのは恐竜だけではなかった。ハッカーの養子で彼に冷たい扱いを受けている島の息子フリオは、その騒動の中、謎の原始人と遭遇することになるのだが……というストーリー。全体を通してどこか牧歌的で、敵役も当の原始人もどこか抜けていてユーモラスに描かれている。確かに低予算や特撮のあらも目立つが、映画としての見せ方・話の展開の仕方がきっちりしているので、退屈することはない。特にうまい使い方をしているのが子役のフリオで、さりげなく恐竜にたいする薀蓄を語って観客に対する紹介役を務めたり、原始人とのハートウォーミングな交流場面や、ラストで未来への憧憬の念を純粋に語る場面などでは、おそらくこの映画を観に来た子供たちや、かつて子供だった大人たちを素直に感情移入させてくれている。パワーショベルvsティラノサウルスのバトルなぞは、大スクリーンで観たかったな。純粋怪獣映画と呼ぶにふさわしい一本だと思います。


最後の海底巨獣 DINOSAURUS! [DVD]最後の海底巨獣 DINOSAURUS! [DVD]
(2008/12/26)
ウォード・ラムゼイクリスティナ・ハンソン

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

原始人が皆を助けて死んでいくくだりとか、まるで長編ドラ映画なみのテイストで。

土木作業メカ、カッコいーっ!
【2009/02/26 16:42】 URL | ロヒキア #-[ 編集]
やっぱりあのラストは「エイリアン2」の元ネタみたいだね。
【2009/02/27 09:44】 URL | げし #ItxbjV56[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

Author:geshicchi
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。