その日暮らしの記
ぼやき日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またも実話です

 昨日は久々に飲みごと。彼は前の現場で一緒に働いていた同僚なのだが、時を前後して共に現場を離れていながら、理不尽な会社の方針によって、今月いっぱいで解雇されてしまった。なんだかね。まあ、残ったからいいというわけではないのだけれど、やるせないですな。
 で、別な同僚からは無償で古いVAIOを譲り受ける。ちなみに型名はこちら。業務でUNIXサーバの構築をせねばならなくなり、自宅でもちょいとお遊び半分でいじろうかなと思った次第。なんと付属品すべてを一括で譲っていただいたので、さすがに食事をおごらさせていただきました。さっそく今日あたりからいたずらしております。
 先日観た「The Legend of Boggy Creek」同様、「実話」つながりということで、「The Town That Dreaded Sundown」という作品を鑑賞。製作・監督はまたもやチャールズ・B・ピース(今回は出演も!)。さらにエクゼクティブ・プロデューサーには、AIPのB級映画でおなじみのサミュエル・Z・アーコフという組み合わせ。戦争が終結し戦地に赴いていた男たちも郷里に戻り、恋人との逢瀬や結婚をして市民たちは平和な日常を謳歌していた。ところがここアーカンソー州の田舎町(また!)は違っていた。覆面をした謎の大男が、若いカップルたちを狙って暴行や殺人を繰り返すという事件が起こっていたのである。地元警察は都会から著名な保安官を招きいれ、総動員で犯人逮捕に飛び回ったのだが、その合間をぬって犠牲者は次々と増えていって……というストーリー。またまた実話の物語で、数ヶ月間に五人の男女を殺害しながら、つかまることのなかった謎の猟奇殺人犯(「ファントム・キラー」もしくは「ムーンライト・キラー」という呼称あり)を追いかけたものである。今回はベン・ジョンソン(『「アカデミー賞」受賞俳優!』と大いに宣伝中)を主役に迎えて、よりドラマチックに、より過激に物語を作り上げた……はずなのだが、こののんびりムードはどうしたことなのだろうか。行き当たりばったりの操作を繰り返す警察、脈絡のなく突拍子もない殺害方法に悦に入る殺人犯、さらにはとってつけたようなお寒いギャグの繰り返し、なんともさめた時間だけが過ぎていき、襲ってくるのは睡魔だけという結果に落ち着いてしまいましたとさ。うーむ、監督は空想の怪物には興味あっても、現実の犯罪者には興味はもてなかった、ということなのでしょうかね(出来自体がそれほど差があるわけではないのだが)。ちなみにこの映画の犯人のいでたちが、のちに「13日の金曜日」のジェイソンの姿に影響を与えたという話もあり。
 はい、また続きは予告編です。雰囲気あって、期待させるんだけどなあ。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

Author:geshicchi
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。