その日暮らしの記
ぼやき日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予定どおり

 だらだらしています。本を読んだりDVD観たり寝たり起きたり。
 「ドクター・フー/サイバーメンの墓(原題 "Doctor Who / Tomb of Cybermen")」を鑑賞。旧ドクター・フー・シリーズの第5シーズンの最初のエピソードで、ドクター役は2代目のパトリック・トラウトン。この時期のエピソードはかなり消失したものが多い中で、本エピソードはなんと香港のTV局の倉庫から発掘されたものだとか。ある未来の惑星調査隊と遭遇したドクターたち。調査隊の面々は、この惑星の地下に眠るという伝説のサイバーマンの遺跡を発掘にやってきたのである。図らずも彼らの調査を手伝うことになったドクターであったが、遺跡のさらに奥深くに冷凍保存されたサイバーマンたちを見つけるにいたり、調査を中止を強く主張する。しかしこの調査隊のメンバーの中には、そのサイバーマンの復活を目的としていた者たちが含まれていて……というストーリー。レトロなスタジオセットや特撮がなんとも味わい深い(日本だと「少年ドラマシリーズ」を思い出す)。登場人物は多いが物語はシンプルかつ王道パターンを踏襲しているし、各話(全4話)のラストにはかるいツイストを配してあって、非常に楽しませてくれる。これぞ連続活劇の楽しさよ。コンパニオンの1人、ヴィクトリアもかわいくて(おっぱいも大きくて)たまりませんなあ。昔はこういうのを観て、未来や宇宙に夢をはせたものですが。TV放映が無理なら、新旧まとめて日本語版を出してはもらえないでしょうかね。
 さて続きはパトリック・トラウトン版のOPです。よかですなあ。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

Author:geshicchi
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。