その日暮らしの記
ぼやき日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5人のドクター

 社用で荷物を他の部署に送ることになって、ダンボールをまとめていたら、「そういう仕事していたんですか?」といわれてしまう。手つきがプロみたいだったとの事。ええー、ダンボールの補強や梱包なんて、皆そんなにやる機会ないんすか。
 「ドクター・フー/五人のドクター(原題 "Doctor Who / The Five Doctors")」を鑑賞。1983年に作られた20周年スペシャル番組。ドクターは5代目のピーター・デイヴィソン。タイトルどおり、彼を含めた5人のドクターが勢ぞろいすることが売りなのだが、4代目のトム・ベイカーが何故かまたドクター役をやることを拒んで、彼だけはバンクフィルムの使いまわしで登場。また初代ドクター役のウィリアム・ハートネルはこの当時すでになくなっているので、冒頭での過去の映像のみ登場し、本編ではリチャード・ハンドールが代役を務めた。
 物語はあらゆる時間と空間に存在しているそれぞれのドクターたちが、何者かの手によってタイム・ロードの星ギャリフレイに集められたことから始まり、それぞれ過去の敵役(サイバー・マン、ダーレク、マスターなど)と戦いながら、やはり過去のコンパニオンたち(サラ・ジェーン・スミスやK-9も登場)とそれぞれのドクター自身と協力して謎を解明するといった趣向。「ライダー勢ぞろい」や「仕事人大集合」のノリで楽しめる。DVDではさらに95年に放送されたスペシャル版(旧版は90分に対し新版は一部新作も追加されて101分)も収録され、オーディオ・コメンタリーやドキュメンタリー番組もあってなかなか豪華。というわけで午後からずっと楽しんでおりましたとさ。
 続きは5代目ドクター・フーのオープニング。いかにも80年代ですなあ。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

Author:geshicchi
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。