その日暮らしの記
ぼやき日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死に風に向う乳母車

 今日は久々に休日出勤。昼過ぎに終わる予定が、結局夕刻までかかってしまう。いろいろ買い物の予定もあったのだが、早いとこ家にかえってごろごろすることを最優先といたしました。
 「子連れ狼 死に風に向う乳母車」を鑑賞。劇場版シリーズ第三作。今回は裏柳生の刺客は表立っては登場せず、拝親子にかかわる男と女にスポットが当てられている。加藤剛演じる男は渡り徒士(藩が参勤交代の際に体裁を整えるため集める浪人のこと)に身を落としながら、「真の武士とは何か」を絶えず問い続ける孤高の侍。浜木綿子演じる女はとある藩の筆頭家老の娘でありながら、双子のためやくざの家に里子に出されてしまった女侠客。このシリーズは敵役脇役にいたるまでどれも皆キャラたちまくりなのだが、その中でも彼らの威風堂々ぶりに圧倒される。ラストの意地と誇りと名誉をかけた男との対決、そしてそれを見てすべてを捨てて一刀の後を追いかけようとかけだす女。90分足らずの物語の中で、これほど熱く心に響く姿を魅せてくれた映画は観たことがない。一部で話題の「ぶりぶり」や主題歌のすごさは吹き飛んでしまいましたのことです。やっぱり実際に観てみないとわからないことは多いですな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

geshicchi

Author:geshicchi
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。