その日暮らしの記
ぼやき日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もののけ草紙

 いきなり昨日電話がかかってきて、結婚式に参列することとなる。まあいわば代役なわけだが。まあ適当にうまいこと言って、うまいもの食べて帰ってきましたです。とにもかくにもお幸せに、です。
 高橋葉介「もののけ草紙」2巻を読む。「夢幻紳士」シリーズからスピンオフしたお座敷芸人「手の目」が遭遇するあやかし奇譚の続編。前巻で大人の女に成長してしまった「手の目」にかわり、今巻では押しかけ弟子の「小兎」が大活躍している。収録作としては、収録誌のリニューアルに沿って進められた終戦直後の日本を舞台にした連作も捨てがたいが、リニューアル前の、氏のストーリーテラーとしての才を十二分に堪能できる「手の目営業して夢散歩すること」が個人的には好み。こういうことが「さらり」とできてしまう短編作家って、漫画でも小説でもあまり見なくなったよなあ。


もののけ草紙 (弐)もののけ草紙 (弐)
(2009/08/22)
高橋 葉介

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

geshicchi

Author:geshicchi
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。