その日暮らしの記
ぼやき日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北国の帝王

 DVDにて。1930年代のアメリカ大不況時代。失業し職と住む場所を求めて放浪する「ホーボー」という浮浪者たちがいた。彼らは移動の際には、貨物列車にこっそりただ乗りして広い国中を回っているのだが、そんな彼らの天敵ともいえる鬼車掌シャック(A・ボーグナイン)がいた。彼はホーボーを心の底から忌み嫌っており、ハンマーを武器に無賃乗車した者をこれまで10何人も殺してきたのである。そんなシャックに、ある一人の男が挑戦を挑んだ。エース・ナンバーワンという伝説のホーボー(L・マービン)である。彼はシャックの乗る貨物列車に潜み、ポートランドへの長旅へと出発するが、同時に功名心にはやる若いホーボー(K・キャラダイン)も乗り込んできて……というストーリー。名誉と誇りのために、時には汚い手を使うけれども、あくまで真っ向勝負でガチンコバトルを繰り広げる主役二人の存在感もさることながら、なんともいい面構えの男たちばかりをここまで集めたもんだと感心してしまうことしきり。こういう単純だけど「説得力」のある画作りって、最近ではなかなか見られないのではないだろうか(CGに頼ってしまうからな)。吹き替え版も収録されていて、こちらも名人芸を十二分に堪能いたしました。ちと流されぎみの気持ちに、張りを与えてくれる快作だったと思います。まあ、なんとかやっていきましょう。


北国の帝王 [DVD]北国の帝王 [DVD]
(2009/03/06)
リー・マーヴィンアーネスト・ボーグナイン

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

Author:geshicchi
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。