その日暮らしの記
ぼやき日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢の中の恐怖

 雨続きで外にあまり出られなかったので、本作をDVDにて鑑賞。建築家のクレイグは別荘の改築の依頼を受け、週末をその依頼者の家出過ごすこととなった。ところがその邸宅近くに足を踏み入れたときから、なんとも奇妙な感覚に取り付かれ、さらに他の招待客たちを紹介されるにいたり、彼はある確信を至ることとなる。その客たちは毎晩クレイグが見る夢の登場人物たちと瓜二つだったのである。しかも彼は覚えていないのだが、その夢はいつも悪夢となって悲惨な結末を迎えてしまうのだ。その話を聞いた精神科医のストラーテン博士は一笑に付すのだが、他の客たちはクレイグの話に深い興味を抱き始める。そして理屈では割り切ることのできない、神秘的な体験は誰にでも起こりうるものだとして、自分たちのそんな体験談をおのおのが話し始めるのだが……というストーリー。クレイグ氏のエピソードを中心として、合間に他の客たちのドラマが入れ子式に挿入されるというオムニバス構成でつづられる、海外のフィルムガイドなどでは必ずベストにあげられる作品。終戦の年(1945年)に作られたものでもあるし、古典として今ではかなりズレているのではと思っていたが、なかなかどうして。超常現象や幽霊譚をテーマにした各エピソードもバラエティに飛んでいるし、クレイグ氏の夢の真相が徐々に明らかになっていく過程のサスペンスや、ついに「夢」が「現実」となるときの衝撃は筆舌に尽くし難い(まさしく「悪夢」になる瞬間!)。やっぱりホラーの醍醐味は、こういった「魅せ方」の妙技につきると思いましたのことよ。こういう作品が廉価版でフツーに見れる今って、ホントに幸せな時代なのかもしれませんなー。


夢の中の恐怖 【ベスト・ライブラリー 1500円:ホラー特集】 [DVD]夢の中の恐怖 【ベスト・ライブラリー 1500円:ホラー特集】 [DVD]
(2010/04/02)
マイケル・レッドグレーヴサリー・アン・ハウズ

商品詳細を見る
 
スポンサーサイト

コメント

ああ、コレも遂に日本語字幕版が出たのか~。スチールと解説だけで内容は知っていても、実際に見たことない作品の定番だったね。コレは見ないとイカンね~。
【2010/03/10 11:52】 URL | ロヒキア #-[ 編集]
けっこう前にビデオでも出ていたけどね>日本語字幕版。まあ、Amazonでも買えるしTsutayaでも借りられるしで、こういったマイナーな作品を見る機会はぐっと増えたよね。見なきゃよかった、っていう作品もすくなくないけど(笑)
【2010/03/11 23:07】 URL | げし #ItxbjV56[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

geshicchi

Author:geshicchi
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。