その日暮らしの記
ぼやき日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浄水器を

 つけてみました。効果はおいおいと。
 「The Final」というホラー映画を鑑賞。今年のアフターダーク・ホラーフェストで上映された作品。高校卒業を間近に控えた、あるいじめられっ子達のグループが、これまでの恨みを晴らそうと、卒業記念仮装パーティの会場でいじめっ子連中を監禁。その相手一人一人に執拗な拷問を行うことになるのだが……というストーリー。アメリカの学校における厳格な身分制度(カースト制ともいう)や格差などの惨状は、アメリカ映画を観ていると、おのずと理解できるようにはなってくる。ただ、本作においては肝となる「恨み」と「復讐」の描写があまりに軽すぎる(ように見える)ため、どうにも事件を起こしたいじめられっ子側に共感を覚えるまでにはいかず、またいじめっ子側もなんとも貧弱というか弱弱しく描かれているのが気になった(コロンバイン高校事件の生き残りたちの神経の図太さを見るがいい)。ティーンエイジャーたちが抱いている心の「闇」の深さは、もっと雑然としていて、どろどろとぐちゃぐちゃとしているからこそ、それが一つの「力」となったときの衝撃はすさまじいものになると思うんですけれどね。ちと、いい子ちゃん過ぎる作品のように思えました。
 はい、続きは予告編。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

geshicchi

Author:geshicchi
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。