その日暮らしの記
ぼやき日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひさびさに

 休みらしい休みを過ごしている。おもーい話がやっとこめどがつき、ホントに一段落といったところ。相変わらず、物覚えも手際も悪くて、今後も苦労することはわかっているんだけれども、身近に私の苦労や努力を見てくれている人が、少し増えてきている感じなのはうれしいことだ。ぎりぎりまで、もうちょっと、やりますよ。
 このところ昔の時代劇映画が見たくなって、小林正樹監督・仲代達矢主演の「切腹」を観る。赤揃えで有名な譜代の名門・井伊家の門前に、一人の初老の浪人がやってくる。食い詰めてどうにも生きてゆけなくなり、武士の最後の誇りのために、門前で切腹させてほしいと言うのだ。だがこれは太平の世になって、主家の取りつぶしなどであぶれてしまった浪人たちの、その日の糧を稼ぐためのパフォーマンスに過ぎないのであった。今度もそのたかりの一つとみて、追い返すべく対応に出向いた井伊家の家老たちであったが、その浪人の話を聞いているうちに、彼が芸州福島家の元家臣であり、かつて同じように福島家出身の浪人が切腹におとづれたことを思い出して……というストーリー。大時代的セットや様式美を優先したと思われる立ち回りの描写、(のちの「上意討ち」ほどではないにせよ)説明的台詞が多いことが気になるものの、仲代vs三国連太郎、仲代vs丹波哲郎などの演技と立ち回りの激突の緊張感には息を呑む。特に(いまさらではあるのだけれども)仲代の緩急切り分けが絶品(初孫をあやす場面の笑顔の美しさといったら)。巨匠の仕事にふさわしい、堂々ととした大作。毎年出なくていいから、何年に一回ぐらいは、こんな作品が作られてほしいですねぇ。

切腹 [DVD]切腹 [DVD]
(2003/11/22)
仲代達矢岩下志麻

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

Author:geshicchi
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。