その日暮らしの記
ぼやき日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと最近

 夜眠れる(目を覚まさない)ようになってきた。ここまでかかるのに、2・3週間もかかるってどうよ。
 「拳銃(コルト)は俺のパスポート」を観る。監督/野村孝・主演/宍戸錠による日活ノワール・アクションの一本。敵対する組の組長の殺害を依頼された殺し屋(宍戸錠)が、その殺した組側だけでなく、依頼主の連中からも命を狙われる羽目になり、ひとり彼らに立ち向かうことになるのだが……というストーリー。話し「だけ」を追っていけば、よくある話だし破綻もあらも目立つのだが、説明を排し、ストイックに一つの到達点だけを追い求め、なんとも味わいぶかい登場人物たち(特に敵役のひとりとなる内田朝雄のいやらしさが絶品)の個性やその場その場のスタイリッシュな場面構成で、暗く乾いたドラマを一気にもり立てていく。マカロニ・ウエスタン調の物悲しいメインテーマも、見事にあっている。まだこの頃は「旅立ち」も「復讐」も単純なだけに重く、またそれを追い求める時の「爽快感」と「高揚感」もはかりしれないものがあったのだ(そしてすべてを失ったときに「虚無感」も)。なぜか日本ではDVDが出ていないのが信じられない傑作。
 続きは本文中にも書いたメインテーマ。なんともかっこよすぎ。



スポンサーサイト

コメント

宍戸錠は一番気に入ってるらしいね。『AGAIN』ではラストシーンが冒頭を飾っていたしね。
【2010/08/20 11:48】 URL | ロヒキア #-[ 編集]
> 『AGAIN』ではラストシーンが冒頭を飾っていたしね。
私も初見は『AGAIN』だな。今でもYouTubeにラストがまるまる公開されているけれども。海外でもかなり評価が高いし。
意外とギャグ・コメディ系の作品より、こういったストイックな作品の方が好きというのも、わからないでもないなあ。
【2010/08/21 21:10】 URL | げし #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

geshicchi

Author:geshicchi
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。