その日暮らしの記
ぼやき日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草燃える

 時代劇専門チャンネルでやっていたのを見終わる。源頼朝・北条政子を中心に源氏決起→平氏追討→鎌倉幕府創設→頼朝死後の権力闘争→承久の乱までを描いた大河ドラマ。なにしろ登場人物が自己中心的で傲慢で身勝手で暴力的な人物ばかりで、しかも現代語で話すのでやくざの喧嘩にしか見えないというとんでもない作品。しかし、それゆえに近年の大河に見られるような綺麗事のお花畑な成長物語に陥ることなく、骨太のドラマに仕上がっていたと思う。特にラストの盛り上がりが半端ではなく、鎌倉の安泰を願うあまり、結果として子や孫を殺してしまい、一人ぼっちになってしまった政子が流す涙の重さが、観る者にも重くのしかかってきていた。画質があまりにも悪いのでDVD化は難しいだろうけれども、定期的に何度もリピートして欲しい佳作だと思いましたです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

geshicchi

Author:geshicchi
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。