その日暮らしの記
ぼやき日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーパーズ・アイランド 惨劇の島

 Super! drama TVにて。全話一挙放送があったので、HDに落として毎日ちびちび見る。
 シアトル沖に浮かぶハーパーズ島。ここで七年前にウェイクフィールドと言う男が島民六人を惨殺するという事件が起こる。やがて犯人は保安官により射殺。事件は終わりに見えた。だが……。
 そして現代。保安官の娘で件の事件で母親を殺されたアビーは、その時以来島を離れていたが、幼馴染で親友のヘンリーが大富豪の娘と結婚することになり、その招待を受ける。ところが式の会場はなんとその島のホテル。事件のトラウマを引きづったまま、結局島を訪れたアビーだったが、その背後で島民や招待客が次々と殺されていく、新たな連続殺人が繰り広げられていて……というストーリー。
 毎回毎回人が惨殺されまくって(最低でも一人、最高ではなんと五人!)、次回へのヒキやどんでん返しが乱れ撃って、なかなか飽きさせない。殺人の存在そのものを登場人物たちになかなか気づかせない演出もユニーク。主要キャラだけでも十数名近くいるが、それぞれが個性的でかき分けもきっちりしているので、混乱することもない。
 ただ……後半近くなってくると、ちと食傷気味になってくるのは否めない。特に「実は○○○は○○○いた!」という展開にいたっては、なんだかあなあ、という感じ。そのせいか、結末は一番無難で安易な(それも作り手側にとって)着地点に陥ってしまっている。
 個人的に一番気になるのは、真犯人が○○○の○○というオチ。○○学かよ!と、ひとりでツッコミを入れたりして。
 そう考えると、同じ大量・猟奇殺人でも、横溝正史の金田一ものとか、動機もシチュエーションも、すごく考えられて作られていたんだなあ。といまさならがらに、思ったりもしましたです。
 大風呂敷を広げるだけ広げて、そのたたみ方を雑にしてしまったのが、ちと残念な作品。

ハーパーズ・アイランド DVD-BOXハーパーズ・アイランド DVD-BOX
(2010/11/26)
エレイン・キャシディ、クリストファー・ゴーラム 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

Author:geshicchi
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。