その日暮らしの記
ぼやき日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミスミソウ 完全版

 長らく絶版になっていた「『黒』押切」の代表作が、完全版として待望の復刊。マケプレなどで集めなおそうかと思っていたところだったので、速攻で購入。
 家族思い・妹思いの優しい少女が、閉鎖的な田舎町に引っ越してきてから、クラスメイト達から容赦のない酷いいじめを受けるようになる。彼らの行為は徐々にエスカレートし、ついには超えてないけない一線を越え、少女は天涯孤独の身に。それでも感情を押し殺し、じっと耐え続けていた彼女だったが、やがて静かに、そして突如として、己の狂気を爆発させ……というストーリー。
 いやはや、噂以上のなんともすごい。まずはなんといっても、その独特のタッチと「絵」のインパクトの高さに圧倒されてしまう。少女がついに武器を手に取る見開き画面の美しさ。ところどころに挿入される、容赦ないスプラッタ描写と登場人物たちの狂気の表情。まさしく「漫画」でなければ表現しえないものばかりだ。
 そしてストレートな復讐譚と思わせて、下巻において意外な登場人物の意外な正体が判明し、善悪が入り乱れる予想外の展開。ここらへんは、まったく予備知識をいれていなかったので、思わずうなった。小道具や何気ない描写が、効果的な伏線となってこの巻で結実するさまは、まさしく「フィクション」の醍醐味だろう。
 さらに加えるなら、あくまで「物語」が子供の世界の中で発生して、かつその中で完結するあたりも、個人的には好み(大人はホントに無能で役立たずばかりである)。この確固たる世界観とゆるぎない視点の調和のおかげで、悲しく残酷な結末を迎えながらも、なんとも爽やかな読後感を感じずにはいられない。ただ皆を不幸にさせる、皆を嫌な気分にさせる、昨今のホラーとは、完全に一線を画している。
 しばらくはこの余韻に浸っていたい気分。期待以上の素晴らしさでした。傑作。



ミスミソウ 完全版(上) (アクションコミックス)ミスミソウ 完全版(上) (アクションコミックス)
(2013/03/12)
押切 蓮介

商品詳細を見る


ミスミソウ 完全版(下) (アクションコミックス)ミスミソウ 完全版(下) (アクションコミックス)
(2013/03/12)
押切 蓮介

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

geshicchi

Author:geshicchi
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。