その日暮らしの記
ぼやき日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めんどくさい

基本的にずぼらなので、手続き関係がほんとにやっかい。それなのにお役所並みにやらねばならないことが多くていやになりますな。そっちの都合でしょうが。
 以下は予告どおり、最近読んだ本観たDVDについて。たいしたもの観てないんですが。
 まずは戸板康二「団十郎切腹事件」。前にもちらっと書いたけど、最後まで飽きさせず期待にたがわぬ出来で大満足。大掛かりな機械トリックや細かい心理トリックを織り交ぜ、淡々とした文章とは裏腹に時にはハッタリやどんでん返しもみせてくれる、そのエンターテインメントぶりに脱帽する。もちろん歌舞伎をしらなくても楽しめること請け合いである。続刊が待ち遠しい。ついでに(後書きでも著者がちらっと書いているが)土曜ワイドでやった「中村雅楽シリーズ」もDVD化してくれないか。
 次はクリスチアナ・ブランド「自宅にて急逝」。戦時下のイギリスで亡き妻をしのぶ家族懇談会を開いた大富豪。それぞれ個性的な家族が集まった中で、その大富豪が謎の死を遂げる……。うーむ。こちらは個人的にはイマイチ。なんとなく「緑は危険」と同じような展開のように思えてしまったのだ。密室トリックも意外な犯人やその動機にいたるまで、どうしてもそっちと比べてしまう。コックリル警部の容疑者全員を徹底的に追い詰める手法や、ラスト近くのどんでん返しもちとのれなかった。残念。
 最後はWWEのDVD「マクマホン」。いわずと知れたWWEの会長にして一大エンターテイナー、ビンス・マクマホンの特集DVD。WWF時代のホーガンらを要した全米侵略作戦から月曜TV戦争、「モントリオール事件」にたんを発した悪のオーナーぶりとSCSAとの抗争、XFLの失敗に「KISS MY ASS CLUB」まで盛りだくさん。多大な失敗や挫折、非難や中傷までも彼にとっては前に進むためのエネルギーに過ぎない。特典の各試合も見ごたえがあり、最近のWWEの特集DVDとしてはダントツ。余談ながら、グレッグ・ガニアの老けっぷりがかなりショックだった。ああ、ハイフライヤーズ……。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

Author:geshicchi
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。