その日暮らしの記
ぼやき日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あ、地震

 ……が今これを書いているときにありました。今まで住んでいたところにはあまり頻発して地震とかなかったのですが。東京行ったら関東地獄地震が起きるっていうのはなしよ。
 引越し前で結構ばたばたしていますが……これから昨日いけなかった古本市に行ってきます。成果は期待しないように。

 とその前に昨日購入した本についてちょこちょこ。
 こうの史代「街角花だより」。どこにでもあるような街の小さな花屋を舞台に、天然気質で浮世離れした店長と、性格はきついが根は善人のバイト店員が織り成すほのぼのした日常を綴った物語。最近どうもまわりが思想的なことで担ぎ上げようと騒いでいるので、自分の中では熱が冷めてきているのだが、久しぶりに肩の力を抜いて楽しめることができた。何の事件も起きない一日、たわいないやりとり、そのなかで垣間見えるかけがえのない一瞬。いつまでも読み続けたい、そんな気持ちにさせられる一冊。
 松本剛「すみれの花咲く頃」。NHKドラマの放送にあわせて、氏の作品復刊されたのは本当にありがたい。一部収録作が変更になっているので購入。表題作も含め思春期の少年少女たちがそれぞれ抱えている、(はたから見れば小さくて些細なことではあるが)彼らにとっては大きな悩みや問題、彼らを取り巻く環境が、ちょっとしたきっかけで変わっていって少しずつ成長していくさまが丹念に描かれている。誰もが(特に男の方が)不器用で、結果的にある意味挫折となるときもあるけれど、そのことマイナスにならずにきっちり前向きに進むための糧となっていることが素晴らしく、どれもさわやかな読後感をもたらしてくれる。ほんとに寡作の人で、今回の復刊だけでなく、過去の未収録作品だけの作品集も読みたいのだが。とにかくオススメ。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

Author:geshicchi
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。