その日暮らしの記
ぼやき日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金がないなら

 じっとしていればいいものを、変に外に出て散財してしまう悲しさよ。いけませんなあ。
 早くに目が覚めてしまったので、ふっと気まぐれにかつての名画座、大井武蔵野館の跡地を訪れる。10年ぶりぐらいかな。前に済んでいたところからは、かなり離れていたこともあって、そうちょくちょく訪れた映画館ではなかったが、「緯度0大作戦」や「獣人雪男」や「透明人間」などのマイナーな特撮映画や岡本喜八特集などに通ったことを思い出す。ビデオでチェック済みの個人的に評価の低かった怪獣映画が、大画面で見て180度評価が変わってしまったり、古いフィルムを使っているので、いつも画面が赤茶けていたことなど懐かしい思い出。現在は完全にマンションになってしまっていたのがちと寂しい。時間つぶしに良く立ち寄っていた、近くの商店街にあった店のガキが鼻くそをほじりながらうろうろしていた本屋もつぶれていました。

 続きは週末の読書・DVD鑑賞について。
 小だまたけし「平成イリュージョン」「平成コンプレックス」。架空戦記もののバリエーションといっていいのかな。満州国建国の折、国際社会からの孤立と経済制裁の中で日本が選択したことは、米・英との戦争ではなく、実質上の「鎖国」政策であった。時は流れて平成の世。軍事政権に統括されたままの日本はその閉塞された環境の中で少しずつ退廃の道を進み始め、いつしか国民の中に「いまある世界は現実のものではないのではないか」と思い込み始める病が進行し始めて……。というストーリー。最初に「~イリュージョン」が短編として何作か発表されて、後に「~コンプレックス」としてリメイク連載されたが、中途で打ち切られてしまったもの。旧「ComicSeed」で気になる作家の一人であったので、今回意を決して購入。あわせて読んでみたが、個人的には微妙。上記にあげたストーリー背景が、まだまだはプロローグの段階であることをさっぴいてもつかみづらい(キャラクターの判別もつきがたかった)。おそらくまじめにかつ地道に物語を構築していこうとする意図があるのだろうが、その「まじめさ」が逆効果になってしまっているのではないだろうか。じっくり説明をしようとしても、読んでいるこちらが興味を失っては元も子もない。もっとハッタリや誇張を効かせて「不真面目」にすすめた方が良かったように思える。同人誌などで続きが描かれているようだが、はてさて。
 次はDVDで「暴行切り裂きジャック」を観る。日活ニューアクションの旗手、長谷部安春のロマンポルノの一作。偶然乗せた基地外女を殺してしまったことから、殺人の快楽におぼれていくカップルを姿を描いた快作。最初は気の強い彼女に引っ張られておどおど頼りない男の方が、女と同棲を始めるあたりから殺人でもセックスでも主導権を握り、ついには女を置いてひとりで次々と凶行を重ね始める展開がいい。男を演じた林ゆたかの存在感が光る。モラル的には許されざるラストもまた悪くない。
スポンサーサイト

コメント

大井町は随分変わってしまったね。オレも去年行ったきりだなー
【2007/04/17 11:28】 URL | ロヒキア #-[ 編集]
先日は川崎にも降りたけど、東西にでっかいビルが建っていて見違えてしまったよ。
【2007/04/22 21:51】 URL | げし #ItxbjV56[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

Author:geshicchi
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。